自由度の高い通信制高校でもう一度高校卒業を目指す

自宅で勉強することだってできる通信制高校

全日制や定時制で学ぶことで、高校卒業資格を得ることができます。
しかし、家庭の事情などで高校に通うことができない場合には、通信制高校で3年以上勉強をすることで高校卒業の資格を得ることができます。
通信制の高校では、自分の都合に合わせた時間で勉強をすることができます。
卒業に必要な履修科目を勉強して、単位を修得することによって卒業が認められます。
自宅で勉強をして、学校で決められた回数のレポートを提出して添削をしてもらいます。
また、スクーリングという面接の指導も受けることができます。
自宅で勉強をしたことでわからないことや質問などがある場合には、学校に登校をするこのスクーリングを利用して直接先生に指導をしてもらうことができます。
スクーリングは、学校によって違いますが月2回くらい実施している学校が多いです。
しかし、全日制と同じように毎日登校するような学校もあります。
また、合宿のように集中して登校するものもあります。

入学と卒業の時期が2回あることが多いのも特徴

また小学校や中学校のように毎日通学する必要のある全日制や定時制の高校の入学時期は、4月と決まっています。
自宅で勉強をして毎日通学する必要のない通信制高校の場合には、4月と10月に新入生を募集することが多いです。
また、転入は随時募集していることが多いです。
編入は他の高校に入学したけれども転校して違う学校に入学することで、新入生の募集をする時期と同じことが多いです。
卒業時期は、二学期制の場合には4月と10月の入学に合わせて、3月と9月になることが一般的です。
卒業する条件には、必修科目の単位を修得することが必要です。
また、履修認定されていることが必要です。
卒業までには、入学してから最低でも3年以上が必要になります。
通信制高校には、普通科や専門学科総合学科などの学科があります。
このような科は、入学する高校によって違いがあるので、自分のすすむ進路によって選ぶことができます。
専門的な技術を身につけたい場合には、専門学科のある学校を選ぶことがおすすめです。

Copyright© 2014 東京女の高級賃貸生活 All Rights Reserved.